金沢民景 #7,8,9

330円 (税込)
購入数

  • 創刊年
  • 2017年
  • サイズ
  • 107mm×148mm
  • 発行部数
  • 1,000
  • 発行年
  • 2018年
  • Japan
  • 仕様
  • ソフトカバー/10p(#7),13p(#8),15p(#9)


◇7/12追記 大変お待たせしました。再入荷しました◇

金沢市在住の建築家・山本周さんが企画した本誌は、街を歩きながら興味の赴くままに気になるディテールをあちらこちらから見つけ、テーマごとにまとめた観察日記のようなリトルプレスだ。観る視点だけでなく、実際に住宅に突撃してその成り立ちまで伺い、テキストにまとめている。“住民がつくり出した風景”だから、民景。今和次郎が提唱した考現学から発展した路上観察学の面白さをひっそりと教えてくれる。
製本は全て手製本で行われ、ミシン縫いで綴じられている。住民たちの個性を表しているようなカラフルな色合わせもたまらない。手のひらサイズなので、散歩のお供にも。
第七号「アプローチ階段」、第八号「キャノピー」、第九号「腰壁」を3冊セットでお届けする。

1冊たったの100円で手に入るエンターテインメントをあなたに。


※他の号はこちらからどうぞ
※『GINZA』でのウェブ連載vol.12で紹介しました
※「オンライン本屋博」での本屋リレーにて紹介しました。登場は39:00頃〜、こちらからご覧ください