The Skirt Chronicles #4

2,640円 (税込)

  • 創刊年
  • 2017年
  • サイズ
  • 152mm×217mm
  • 発行部数
  • -
  • 発行年
  • 2019年
  • France
  • 仕様
  • ソフトカバー/176p


ニューヨーク出身のSofia Nebioloとパリで生まれ育ったHaydee Touitou(余談だが、Haydeeの父はA.P.C.の創設者でデザイナーのJean Touitouだ)、Sarah de Mavaleixの仲良し三人組がつくる本誌は、パリに住む女性ならではのエスプリが光る。
「TIMELINE OF CONTENTS」と題した目次ページをまず開くと、時系列で構成されているというユニークさが目を引く。ここでいう時系列とは、原稿が納品された順。あらかじめ順序を決めるのではなく自然と積み重なるように編集するスタイルだ。“Chronicles”とつけたタイトルに込めた思いは、彼女たちだけではなく同じ時代を生きる人々の視点も反映させたいと考えたから。その名の通り、シーズンのファッショントレンドを紹介するのではなく、変わらないスタイルとその背景にあるストーリーに焦点を当てる。
「BLOCKED ON AN ISLAND」がテーマの今号は、シチリアのスイーツについての話から始まり、ロンドンでレゲエ専門のレコードショップを営むChris Peckingsと弟のDuke Peckingsへのインタビュー、アメリカのナンタケット島の歴史など多国籍なコンテンツで彩られる。Pierre Cardinの1963年から1999年までのアーカイブピースで構成されるファッションページやSarahによるHermesのスカーフや洋服をジップロックに入れてスタイリングしたカット、メイクアップアーティストのLucia PicaやEleanor Coppolaのインタビューも必見。アートや小説なども織り交ぜ、美しい写真とともに紡がれるストーリーにあなたもたくさんのインスピレーションを得られるだろう。

http://www.theskirtchronicles.com

※他の号はこちらからどうぞ
※『GINZA』でのウェブ連載vol.9で紹介しました