北海道と京都と その界隈 #10

550円 (税込)
購入数

  • 創刊年
  • 2016年
  • サイズ
  • 273mm×410mm
  • 発行部数
  • 1,000
  • 発行年
  • 2019年
  • Japan
  • 出版社
  • 畠山尚デザイン制作室
  • 仕様
  • タブロイド紙/16p


北海道在住のデザイナーと北海道移住者の編集者の共通点。それは、北海道と京都が好きということ。ならば作ってしまおうと始まった本誌は、北海道と京都という一見無関係に思える2つの地点をゆるやかに、そしてユーモラスに繋ぐ架け橋だ。
ついに10号目を迎えた本誌は毎年エディトリアルデザインをリニューアルしている。ちなみに、創刊した2016年は左開き横組、2017年は右開き横組、2018年は左右両開き、という変遷だ。
トンカツのヴィジュアルから始まる今号も水上勉の『五番町夕霧楼』を紐解いたり、京都の間取りについてのユニークな論考や「北海道路麺紀行」などディープなネタが目白押し。号を重ねるごとに充実していくコラムも本誌の魅力だ。

また、本誌に「偏愛北海道」というエッセイの連載をさせてもらっています。第9回目の今号は大好きな画家・神田日勝について綴りました。


※半分に折りたたんだ状態で普通郵便にて配送しますのでご了承ください
※他の号はこちらからどうぞ
※『GINZA』でのウェブ連載vol.3で紹介しました