BEACH #1

2,750円 (税込)

  • 創刊年
  • 2018年
  • サイズ
  • 166mm×231mm
  • 発行部数
  • 1,500
  • 発行年
  • 2018年
  • Japan
  • 出版社
  • WALL出版
  • 仕様
  • ソフトカバー/164p

主に広告写真の分野で活躍し、東京ADC賞などをはじめとする受賞歴も多数ある写真家の泊昭雄さんによる新しい雑誌。泊さんは、2008年に休刊、2018年12月に待望の復刊を果たしたことでも話題の『hinism(ヒニスム)』のクリエイティブディレクターを務めることでも知られている。SNSの普及によりデジタル上に写真が溢れる近年より少し前の2004年に創刊した『hinism』は、写真を紙媒体で観ることの意味を問いかける美しい雑誌だった。『BEACH』はきっとその延長線上にあるものなのだと思う。
カリフォルニア州を南北に走る州道1号線、サンフランシスコからサンディエゴまでのロードトリップを写真と言葉で綴る本誌は、写真の素晴らしさは言うまでもなく絶妙な余白の差し込み方にセンスが光る。言葉を寄せるのは、mina perhonenのデザイナー皆川明さん。柔らかで穏やかな陽射しを心地良く感じながら、短く紡がれる言葉たちに想いを馳せる。その瞬間に飛び込む写真とまっさらな空間の気持ち良さといったら。ロードマップのポスター付き。